プロヴァンス地方

コートドプロヴァンス トレロンマセラシオン TLM 2009 デュペレバレッラ 全国無料,安い

メーカー希望小売価格 6,000円 が お買い得価格!4,750円! お得な21%OFF! ■ピュアな果実味へのこだわりから DRCに認められし生産者“デュペレ・バレッラ” 夫ローラン・バレラ氏は、もと地質エンジニアという経歴の持ち主で 地質に関してのプロフェッショナルです。 そして妻のエマニュエル・デュペレは葡萄栽培・醸造学をプロヴァンスで 更にワインコマースをボルドーにて学んだカナダ人の女性です。 元来ワイン好きのエマニュエルとローランはカナダで出会い そして プロヴァンスで1番美味しい赤ワインを作ろうと決意しました。 その後、ワイン醸造をプロヴァンスで学び、造り手への道へと転換を 図り1997年に『デュペレ・バレッラ』が誕生しました。 若い彼らは開業当初畑を購入できるだけの資金力はなく 選んだのはネゴシアンの道でした。 ワインのリリース当初はゴー・ミョーにて若手でありながら 初登場でいきなり巻頭に写真付きで紹介される という異例の取り上げられ方をされ‘クラスマンガイド2005’の 創刊10周年巻頭特集では他の大物醸造家と肩を並べて取り上げられる などスーパー・ネゴシアンとして南仏を代表する生産者にまで成長しました。 デュペレ・バレッラとしては 初の試み新樽にて熟成を行なった“TLM” 今まで 『ピュアな果実の風味を大切にする』 事を目的に 新樽の使用を控えてデュペレ・バレッラですが 2006ヴィンテージのTLMから新樽を使い始めました。 これまでは頑なに新樽の使用を拒んでいた デュペレ・バレッラですがワイン造りを始めて10年近くが 経ち、時と場合によっては考え方も変りました。 2007年は素晴らしいカベルネが収穫できた為、 カベルネを中心にTLMを造ろうと考えた デュペレ・バレッラ。 そこで考えたのが 『カベルネ・ソーヴィニョンの熟成には新樽が 有効なのではないか?』 という結論でした。 新樽は使ってもデュペレ・バレッラらしさは変りません。 TLMの特長はなんと言ってもその名前とおりの 「Très Long Macération =とても長いマセラシオン」 です。 開放式のタンクで醗酵中に、手でタンク上方に 渦巻きを作り、ピジャージュを行い、その後は足で 圧搾。デュペレ・バレッラの特別なワインにだけ施される 「Nowat製法」 にて醸造が進められます。 他のワインとTLMが違うとこは、更にここから果帽 ごとワインを樽に入れ2ヶ月間、果皮や種から成分を 抽出を行いながら熟成を行ないます。 デュペレ・バレッラではこの期間も「マセラシオン」 と考えており、ワイン名を 「Très Long Macération =とても長いマセラシオン」と呼んでいます。 2ヶ月後に果帽とワインを別け、同じ樽に戻して更に 約16ヶ月の熟成を行い清澄・フィルタリングは 行なわずに瓶詰めが行なわれます。 ◆コート・ド・プロヴァンス トレ・ロン・マセラシオン [2009] COTES DE PROVENCE T.L.M◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:プロヴァンス地方 ◆原産地呼称:A.O.C. COTES DE PROVENCE ◆品種:カベルネ・ソーヴィニョン80%、シラー10%、カリニャン10%  ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:14.0% ◆容量:750ml ◆熟成◆ ラドゥ産バリック(新樽率70%)にて約18ヶ月 残りの30%はテルトル・ロートブッフの使用樽です。 新樽を使い初めてから4ヴィンテージ目となります。 過去3年の経験が活かされ、テクニカルインフォメーション上は 前と同じですが、微妙なトースト具合の変化や 樽と接触させる際の温度の工夫等を施す事で 果実味と樽が見事に拮抗した仕上がりとなっております。 ◆テイスティング◆ 完熟した黒い果実の中にカベルネ由来の 品の良いハーブのニュアンスが感じられます。 口の中では綺麗に熟したタンニンの舌触りが 心地よく優しい果実味が口一杯に広がります。 樽由来の香ばしさも感じられますが果実の風味と 調和が取れており“新樽の強い香り”は強く感じられません。 また2010年にも、ラ・レヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス本誌にて 「ワイン今年の人10部門」のネゴシアン部門の 最高賞を獲得しております! 誌面では 『プロヴァンスで彼らのようにピュアなワインは珍しい』 『南仏嫌いの人にもオススメ』 と大絶賛されています!! ◆コメント◆ 紫がかった濃いガーネット色。 香りは濃縮感を含み、ブラックチェリーや ブラックベリーのコンポート&コンフィ、 すみれの花、甘苦系スパイス、ほのかな灌木や樹脂などの香りが調和。 まろやかで膨らみのある果実味から、広がりは豊かな印象を与え、 タンニンも豊富ながらなめらか。 アフターにもスパイシーなフレイヴァーを長く残す。 2009 Dupere-Barrera Cotes de Provence TLM

コートドプロヴァンス トレロンマセラシオン TLM 2009 デュペレバレッラ 全国無料,安い —— 4,300円

プロヴァンス地方

コートドプロヴァンス トレロンマセラシオン TLM 2010 デュペレバレッラ お買い得,品質保証

■ピュアな果実味へのこだわりから DRCに認められし生産者“デュペレ・バレッラ” 夫ローラン・バレラ氏は、もと地質エンジニアという経歴の持ち主で 地質に関してのプロフェッショナルです。 そして妻のエマニュエル・デュペレは葡萄栽培・醸造学をプロヴァンスで 更にワインコマースをボルドーにて学んだカナダ人の女性です。 元来ワイン好きのエマニュエルとローランはカナダで出会い そして プロヴァンスで1番美味しい赤ワインを作ろうと決意しました。 その後、ワイン醸造をプロヴァンスで学び、造り手への道へと転換を 図り1997年に『デュペレ・バレッラ』が誕生しました。 若い彼らは開業当初畑を購入できるだけの資金力はなく 選んだのはネゴシアンの道でした。 ワインのリリース当初はゴー・ミョーにて若手でありながら 初登場でいきなり巻頭に写真付きで紹介される という異例の取り上げられ方をされ‘クラスマンガイド2005’の 創刊10周年巻頭特集では他の大物醸造家と肩を並べて取り上げられる などスーパー・ネゴシアンとして南仏を代表する生産者にまで成長しました。 デュペレ・バレッラとしては 初の試み新樽にて熟成を行なった“TLM” 今まで 『ピュアな果実の風味を大切にする』 事を目的に 新樽の使用を控えてデュペレ・バレッラですが 2006ヴィンテージのTLMから新樽を使い始めました。 これまでは頑なに新樽の使用を拒んでいた デュペレ・バレッラですがワイン造りを始めて10年近くが 経ち、時と場合によっては考え方も変りました。 2007年は素晴らしいカベルネが収穫できた為、 カベルネを中心にTLMを造ろうと考えた デュペレ・バレッラ。 そこで考えたのが 『カベルネ・ソーヴィニョンの熟成には新樽が 有効なのではないか?』 という結論でした。 新樽は使ってもデュペレ・バレッラらしさは変りません。 TLMの特長はなんと言ってもその名前とおりの 「Très Long Macération =とても長いマセラシオン」 です。 開放式のタンクで醗酵中に、手でタンク上方に 渦巻きを作り、ピジャージュを行い、その後は足で 圧搾。デュペレ・バレッラの特別なワインにだけ施される 「Nowat製法」 にて醸造が進められます。 他のワインとTLMが違うとこは、更にここから果帽 ごとワインを樽に入れ2ヶ月間、果皮や種から成分を 抽出を行いながら熟成を行ないます。 デュペレ・バレッラではこの期間も「マセラシオン」 と考えており、ワイン名を 「Très Long Macération =とても長いマセラシオン」と呼んでいます。 2ヶ月後に果帽とワインを別け、同じ樽に戻して更に 約16ヶ月の熟成を行い清澄・フィルタリングは 行なわずに瓶詰めが行なわれます。 ◆コート・ド・プロヴァンス トレ・ロン・マセラシオン [2010] COTES DE PROVENCE T.L.M◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:プロヴァンス地方 ◆原産地呼称:A.O.C. COTES DE PROVENCE ◆品種:カベルネ・ソーヴィニョン80%、シラー10%、カリニャン10%  ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:14.0% ◆容量:750ml ◆熟成◆ ラドゥ産バリック(新樽率70%)にて約18ヶ月 残りの30%はテルトル・ロートブッフの使用樽です。 新樽を使い初めてから4ヴィンテージ目となります。 過去3年の経験が活かされ、テクニカルインフォメーション上は 前と同じですが、微妙なトースト具合の変化や 樽と接触させる際の温度の工夫等を施す事で 果実味と樽が見事に拮抗した仕上がりとなっております。 ◆テイスティング◆ 完熟した黒い果実の中にカベルネ由来の 品の良いハーブのニュアンスが感じられます。 口の中では綺麗に熟したタンニンの舌触りが 心地よく優しい果実味が口一杯に広がります。 樽由来の香ばしさも感じられますが果実の風味と 調和が取れており“新樽の強い香り”は強く感じられません。 また2010年にも、ラ・レヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス本誌にて 「ワイン今年の人10部門」のネゴシアン部門の 最高賞を獲得しております! 誌面では 『プロヴァンスで彼らのようにピュアなワインは珍しい』 『南仏嫌いの人にもオススメ』 と大絶賛されています!! ◆コメント◆ 紫がかった濃いガーネット色。 香りは濃縮感を含み、ブラックチェリーや ブラックベリーのコンポート&コンフィ、 すみれの花、甘苦系スパイス、ほのかな灌木や樹脂などの香りが調和。 まろやかで膨らみのある果実味から、広がりは豊かな印象を与え、 タンニンも豊富ながらなめらか。 アフターにもスパイシーなフレイヴァーを長く残す。 Dupere-Barrera Cotes de Provence TLM

コートドプロヴァンス トレロンマセラシオン TLM 2010 デュペレバレッラ お買い得,品質保証 —— 3,500円

プロヴァンス地方

デュペレバレッラ ノワット 2010 DUPERE BARERRA NOWAT 新品,100%新品

■ピュアな果実味へのこだわりから DRCに認められし生産者“デュペレ・バレッラ” 夫ローラン・バレラ氏は、もと地質エンジニアという経歴の持ち主で 地質に関してのプロフェッショナルです。 そして妻のエマニュエル・デュペレは葡萄栽培・醸造学をプロヴァンスで 更にワインコマースをボルドーにて学んだカナダ人の女性です。 元来ワイン好きのエマニュエルとローランはカナダで出会い そして プロヴァンスで1番美味しい赤ワインを作ろうと決意しました。 その後、ワイン醸造をプロヴァンスで学び、造り手への道へと転換を 図り1997年に『デュペレ・バレッラ』が誕生しました。 若い彼らは開業当初畑を購入できるだけの資金力はなく 選んだのはネゴシアンの道でした。 ワインのリリース当初はゴー・ミョーにて若手でありながら 初登場でいきなり巻頭に写真付きで紹介される という異例の取り上げられ方をされ‘クラスマンガイド2005’の 創刊10周年巻頭特集では他の大物醸造家と肩を並べて取り上げられる などスーパー・ネゴシアンとして南仏を代表する生産者にまで成長しました。 デュペレ・バレッラとしては 初の試み新樽にて熟成を行なった“TLM” 今まで 『ピュアな果実の風味を大切にする』 事を目的に 新樽の使用を控えてデュペレ・バレッラですが 2006ヴィンテージのTLMから新樽を使い始めました。 これまでは頑なに新樽の使用を拒んでいた デュペレ・バレッラですがワイン造りを始めて10年近くが 経ち、時と場合によっては考え方も変りました。 2007年は素晴らしいカベルネが収穫できた為、 カベルネを中心にTLMを造ろうと考えた デュペレ・バレッラ。 そこで考えたのが 『カベルネ・ソーヴィニョンの熟成には新樽が 有効なのではないか?』 という結論でした。 新樽は使ってもデュペレ・バレッラらしさは変りません。 TLMの特長はなんと言ってもその名前とおりの 「Très Long Macération =とても長いマセラシオン」 です。 開放式のタンクで醗酵中に、手でタンク上方に 渦巻きを作り、ピジャージュを行い、その後は足で 圧搾。デュペレ・バレッラの特別なワインにだけ施される 「Nowat製法」 にて醸造が進められます。 他のワインとTLMが違うとこは、更にここから果帽 ごとワインを樽に入れ2ヶ月間、果皮や種から成分を 抽出を行いながら熟成を行ないます。 デュペレ・バレッラではこの期間も「マセラシオン」 と考えており、ワイン名を 「Très Long Macération =とても長いマセラシオン」と呼んでいます。 2ヶ月後に果帽とワインを別け、同じ樽に戻して更に 約16ヶ月の熟成を行い清澄・フィルタリングは 行なわずに瓶詰めが行なわれます。 ◆デュペレ・バレッラ ノワット [2010] DUPERE BARERRA NOWAT◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:プロヴァンス地方 ◆原産地呼称:A.O.C. COTES DE PROVENCE ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン30%、シラー10%、 (モール山脈麓のシストの母岩の上に粘土と泥土が重なる土壌) ムールヴェードル30%、カリニャン30% 自社畑プロキュールより収穫(粘土石灰質土壌) ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆熟成:テルトル・ロートブッフおよびロマネ・コンティから仕入れた1~2年樽で18ヶ月熟成 ◆テイスティング◆ デュペレ・バレッラの真骨頂とも言える 『柔らかく、滑らかで、濃さもあり、でも優しい』 独特の質感を存分にお楽しみいただけるノワット♪ 優しい果実味の中には品の良いミネラル感も感じられます。 このワインはプロヴァンスでも高品質な赤ワインが造れる証明であり 何故デュペレ・バレッラが、ロゼのイメージが強いプロヴァンスで 高級な赤ワインを造ろうとしたのかがご理解頂けると思います。 Dupere-Barrera Nowat

デュペレバレッラ ノワット 2010 DUPERE BARERRA NOWAT 新品,100%新品 —— 3,800円

プロヴァンス地方

デュペレバレッラ マイラブ 2008 Dupere Barrera My Love 新作,低価

ラベルの空白部にメッセージやキスマークを入れた オリジナリティー溢れるワイン・ギフト♪ デュペレ・バレッラの★MY LOVE(マイ・ラブ)★ ◆ピュアな果実味へのこだわりから◆    DRCに認められし生産者     ◆デュペレ・バレッラ◆ 「DRCより樽を譲り受けてワインを造る」   という一見キャッチーなフレーズですがDRCより樽を譲り受けているのは デュペレ・バレッラの 「果実のピュアな味わい」 を表現する為の 並々ならぬこだわりからに他なりません。 デュペレ・バレッラはワイン造りにおいて、葡萄の味わいをストレートに ワインに表現する事に最も重きを置いております。 その為、認証は取得しなくともビオディナミを実践し、ワイン造りに 機械を持ち込まない等、徹底したこだわりがあります。 そしてDRCやイケム、ボーセジュール・ベコ等 「一流生産者から使用樽を譲り受ける」 というのも、そのこだわりの一つです。 果実味をピュアに出来る様に、新樽の使用を控えているのですが どんな使用樽でも良い訳ではありません。 一流生産者に納入される一流の樽だからこそ納得のいくワイン造りができる。 だからこそ DRCやイケム、ボーセジュール・ベコ等 なのです。 しかしDRCから使用樽を簡単に得られたわけではありません。 何度も何度も手紙を送り続け、ようやく面会が許され 「なぜDRCの使用樽が必要なのか?」 等の質問を始め 100以上にわたる細かい質疑応答が繰り返され デュペレ・バレッラのワイン造りの哲学がDRC側に認められた為 使用樽を譲り受けられるようになったのです。 世界中のワインの頂点に立つDRCにワイン造りが認められたという ワイン生産者として、これほど嬉しいことは無いでしょう! 更に、DRCだけではなく、他の一流生産者から樽を譲り受ける際の 「ワイン造り」に対する意見交換から得た知識も、彼らのワイン造りに 大いに反映されております。 「 生産者:Dupere Barerra (デュペレ・バレッラ) 」 夫ローラン・バレッラ氏は、もと地質エンジニアという経歴の持ち主で 地質に関してのプロフェッショナルです。 そして妻のエマニュエル・デュペレは葡萄栽培・醸造学をプロヴァンスで、 さらにワインコマースをボルドーにて学んだカナダ人の女性です。 元来ワイン好きのエマニュエルとローランはカナダで出会い そしてプロヴァンスで1番美味しい赤ワインを作ろうと決意しました。 その後、ワイン醸造をプロヴァンスで学び、作り手への道へと転換を図り 1997年に 『デュペレ・バレッラ』 が誕生しました。 若い彼らは開業当初、畑を購入できるだけの資金力はなく 選んだのはネゴシアンの道でした。 ワインのリリース当初はゴー・ミョーにて若手でありながら 初登場でいきなり巻頭に写真付きで紹介される という異例の取り上げられ方をされ‘クラスマン・ガイド2005の 創刊10周年巻頭特集では他の大物醸造家と肩を並べて取り上げられるなど スーパー・ネゴシアンとして南仏を代表する生産者にまで成長しました。 彼等の造るワインは、リリース後も熟成を行わないと楽しめないワインではなく 収獲した葡萄をそのまま頬張ったようなフレッシュな葡萄の味が感じられる 若いうちから楽しめるスタイルです。 レストランでは若いヴィンテージでも仕入れた直後からすぐにサービスが できることから、多くの一流フレンチが愛用しております。 何もないところからネゴシアンを立ち上げ、ゴーミョーや ラ・レヴュー・デュ・ヴァン・ド・フランス等で注目すべき新人 プロヴァンスを変える仕掛け人としてフランス・ワイン界を賑わせ 近年畑も購入しドメーヌとしても活躍しているデュペレ・バレッラ。 その道のりは決して簡単なものではなかったものの、 常に夫婦二人一組で困難を乗り越えてきました。 「デュペレ」はエマニュエル(左)の 「バレッラ」はローラン(右)の苗字を合わせて ワイナリー名にしているところにもその姿勢は伺えます。 支えあい、いつくしみ合う恋人たちや夫婦がワインを飲みながら 幸せな時間を過ごして欲しいという想いから生まれたワインです。 「マイ・ラブ使用例1-キスマーク」 お酒漫画の傑作『BAR レモン・ハート』より 20年に渡り毎回、ウイスキー、ブランデー、バーボン、リキュール スピリッツなどの一般的な洋酒を始め、ワイン、ビール、日本酒 焼酎、中国酒など様々なお酒を紹介する人気漫画 「BARレモン・ハート」で紹介されまいた。 作中では 『贈られてドキドキの、ロマンチックなワインというのが 売りだが、飲んでもなかなか美味しい。』 と紹介されております。 「マイ・ラブ使用例-メッセージ」 空白部分にメッセージを入れて オリジナリティ溢れる大切な記念日の贈り物などギフトにも! ◆MY LOVE [2008]マイ・ラブ・Vin de Pays d Oc ◆生産者名欧文:DUPERE BARRERA ◆生産者名和文:デュペレ・バレッラ ◆生産地:フランス プロヴァンス ◆原産地呼称:VIN DE PAYS DU MONT-CAUME ※ムールヴェードル ◆品種:ムールヴェードル グルナッシュ メルロー各1/3ずつ ◆[醸造・熟成] 100%除梗。ステンレスタンクにてアルコール発酵後、3週間の浸漬。 ピジャージュ、ルモンタージュおよびデレスタージュを組み合わせて抽出を行います。 6カ月間大樽にて熟成後、ポンプを使わず重力によって瓶詰。 瓶詰めの際に清澄は行わずフィルターも使いません。 ◆AOCバンドールの歴史(Histoire sur le Bandol) 古くは古代ギリシャのPhoceens(フォカイア人)らによって ぶどう栽培がもたらされローマ時代へと継続していきました。 バンドールワインの名が特に知られるようになったのは、 大航海時代に入ってバンドール港から ワインが世界中に輸出されるようになってからです。 バンドール港は、 プロヴァンス地方特有のミストラルと東風を遮る Mont.Caume(コーム山)とmassif de Sainte Baume (サントボーム山塊)があるお陰で、安全な港として発展しました。 そのワインはルイ15世のお気に入りとなり、 その後1870年頃には9600もの大樽ワインが運ばれ、 100の樽製造業者が存在し、大変に栄えました。 しかし、Phylloxera(ぶどう根アブラムシ)によって、 19世紀末にはぶどう畑が壊滅的な被害を受けてしまいます。 それに対して立ち上がった栽培者達は、その後苗を植えなおし、 現在では土着品種を中心とした ワイン造りによって再びその名声を取り戻しています。 ◆A.O.C. バンドールのテロワール(Terroir de l'Appellation) A.O.C.バンドールは、北のSainte Baume山塊から 南の地中海の間に広がる1,500haの地域で、 年間の日照時間が3,000時間と太陽の恩恵も大きく受けています。 土壌は大部分が石灰岩質で、 小石混じり。そこに砂質泥灰土と砂が加わっています。 この土壌は白亜紀の表層が侵食・崩壊してできたもので、 ミネラルに富んで、また大変乾燥しています。 南向きの傾斜地に作られたぶどう畑には、 風や雨による土壌の流出を防ぐためRestanqueという この地方独特の石を積み上げた防風壁が作られています。 また、年間降水量は600mm程と少ないのですが、 地中海からの風もあり、夏の乾燥・暑さからぶどうを守ってくれています。 ◆[その他特記事項] 葡萄の収獲地はAOCバンドールのエリア内ですが 自由な発想でワインを造りたいという思いから バンドールの規定 (ムールヴェードル50%以上、15カ月以上の熟成etc・・・)にはこだわらず ヴァン・ド・ペイとしては味わいがしっかりしたワインが造られております。 ★「贈り物」にピッタリなワインギフト「マイラブ」★ ※画像のボトルは前ヴィンテージの為キャップシール等が異なります

デュペレバレッラ マイラブ 2008 Dupere Barrera My Love 新作,低価 —— 1,700円

プロヴァンス地方

デュペレバレッラ マイラブ 2011 Dupere Barrera My Love HOT,格安

[2011] Dupere-Barrera My Love" width="365" height="350"> ラベルの空白部にメッセージやキスマークを入れた オリジナリティー溢れるワイン・ギフト♪ デュペレ・バレッラの★MY LOVE(マイ・ラブ)★ ◆ピュアな果実味へのこだわりから◆    DRCに認められし生産者     ◆デュペレ・バレッラ◆ 「DRCより樽を譲り受けてワインを造る」   という一見キャッチーなフレーズですがDRCより樽を譲り受けているのは デュペレ・バレッラの 「果実のピュアな味わい」 を表現する為の 並々ならぬこだわりからに他なりません。 デュペレ・バレッラはワイン造りにおいて、葡萄の味わいをストレートに ワインに表現する事に最も重きを置いております。 その為、認証は取得しなくともビオディナミを実践し、ワイン造りに 機械を持ち込まない等、徹底したこだわりがあります。 そしてDRCやイケム、ボーセジュール・ベコ等 「一流生産者から使用樽を譲り受ける」 というのも、そのこだわりの一つです。 果実味をピュアに出来る様に、新樽の使用を控えているのですが どんな使用樽でも良い訳ではありません。 一流生産者に納入される一流の樽だからこそ納得のいくワイン造りができる。 だからこそ DRCやイケム、ボーセジュール・ベコ等 なのです。 しかしDRCから使用樽を簡単に得られたわけではありません。 何度も何度も手紙を送り続け、ようやく面会が許され 「なぜDRCの使用樽が必要なのか?」 等の質問を始め 100以上にわたる細かい質疑応答が繰り返され デュペレ・バレッラのワイン造りの哲学がDRC側に認められた為 使用樽を譲り受けられるようになったのです。 世界中のワインの頂点に立つDRCにワイン造りが認められたという ワイン生産者として、これほど嬉しいことは無いでしょう! 更に、DRCだけではなく、他の一流生産者から樽を譲り受ける際の 「ワイン造り」に対する意見交換から得た知識も、彼らのワイン造りに 大いに反映されております。 「 生産者:Dupere Barerra (デュペレ・バレッラ) 」 夫ローラン・バレッラ氏は、もと地質エンジニアという経歴の持ち主で 地質に関してのプロフェッショナルです。 そして妻のエマニュエル・デュペレは葡萄栽培・醸造学をプロヴァンスで、 さらにワインコマースをボルドーにて学んだカナダ人の女性です。 元来ワイン好きのエマニュエルとローランはカナダで出会い そしてプロヴァンスで1番美味しい赤ワインを作ろうと決意しました。 その後、ワイン醸造をプロヴァンスで学び、作り手への道へと転換を図り 1997年に 『デュペレ・バレッラ』 が誕生しました。 若い彼らは開業当初、畑を購入できるだけの資金力はなく 選んだのはネゴシアンの道でした。 ワインのリリース当初はゴー・ミョーにて若手でありながら 初登場でいきなり巻頭に写真付きで紹介される という異例の取り上げられ方をされ‘クラスマン・ガイド2005の 創刊10周年巻頭特集では他の大物醸造家と肩を並べて取り上げられるなど スーパー・ネゴシアンとして南仏を代表する生産者にまで成長しました。 彼等の造るワインは、リリース後も熟成を行わないと楽しめないワインではなく 収獲した葡萄をそのまま頬張ったようなフレッシュな葡萄の味が感じられる 若いうちから楽しめるスタイルです。 レストランでは若いヴィンテージでも仕入れた直後からすぐにサービスが できることから、多くの一流フレンチが愛用しております。 何もないところからネゴシアンを立ち上げ、ゴーミョーや ラ・レヴュー・デュ・ヴァン・ド・フランス等で注目すべき新人 プロヴァンスを変える仕掛け人としてフランス・ワイン界を賑わせ 近年畑も購入しドメーヌとしても活躍しているデュペレ・バレッラ。 その道のりは決して簡単なものではなかったものの、 常に夫婦二人一組で困難を乗り越えてきました。 「デュペレ」はエマニュエル(左)の 「バレッラ」はローラン(右)の苗字を合わせて ワイナリー名にしているところにもその姿勢は伺えます。 支えあい、いつくしみ合う恋人たちや夫婦がワインを飲みながら 幸せな時間を過ごして欲しいという想いから生まれたワインです。 「マイ・ラブ使用例1-キスマーク」 お酒漫画の傑作『BAR レモン・ハート』より 20年に渡り毎回、ウイスキー、ブランデー、バーボン、リキュール スピリッツなどの一般的な洋酒を始め、ワイン、ビール、日本酒 焼酎、中国酒など様々なお酒を紹介する人気漫画 「BARレモン・ハート」で紹介されまいた。 作中では 『贈られてドキドキの、ロマンチックなワインというのが 売りだが、飲んでもなかなか美味しい。』 と紹介されております。 「マイ・ラブ使用例-メッセージ」 空白部分にメッセージを入れて オリジナリティ溢れる大切な記念日の贈り物などギフトにも! ◆デュペレ・バレッラマイ・ラブ [2011] Dupere-Barrera My Love◆ ◆生産者名欧文:DUPERE BARRERA ◆生産者名和文:デュペレ・バレッラ ◆原産国:フランス ◆生産地:プロヴァンス ◆原産地呼称:VIN DE PAYS DU MONT-CAUME ※ムールヴェードル ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:ムールヴェードル60%、カリニャン40% ◆アルコール度数:13% ◆容量:750ml ◆醸造・熟成 100%除梗。ステンレスタンクにてアルコール発酵後、3週間の浸漬。 ピジャージュ、ルモンタージュおよびデレスタージュを組み合わせて抽出を行います。 6カ月間大樽にて熟成後、ポンプを使わず重力によって瓶詰。 瓶詰めの際に清澄は行わずフィルターも使いません。 ◆AOCバンドールの歴史(Histoire sur le Bandol) 古くは古代ギリシャのPhoceens(フォカイア人)らによって ぶどう栽培がもたらされローマ時代へと継続していきました。 バンドールワインの名が特に知られるようになったのは、 大航海時代に入ってバンドール港から ワインが世界中に輸出されるようになってからです。 バンドール港は、 プロヴァンス地方特有のミストラルと東風を遮る Mont.Caume(コーム山)とmassif de Sainte Baume (サントボーム山塊)があるお陰で、安全な港として発展しました。 そのワインはルイ15世のお気に入りとなり、 その後1870年頃には9600もの大樽ワインが運ばれ、 100の樽製造業者が存在し、大変に栄えました。 しかし、Phylloxera(ぶどう根アブラムシ)によって、 19世紀末にはぶどう畑が壊滅的な被害を受けてしまいます。 それに対して立ち上がった栽培者達は、その後苗を植えなおし、 現在では土着品種を中心とした ワイン造りによって再びその名声を取り戻しています。 ◆A.O.C. バンドールのテロワール(Terroir de l'Appellation) A.O.C.バンドールは、北のSainte Baume山塊から 南の地中海の間に広がる1,500haの地域で、 年間の日照時間が3,000時間と太陽の恩恵も大きく受けています。 土壌は大部分が石灰岩質で、 小石混じり。そこに砂質泥灰土と砂が加わっています。 この土壌は白亜紀の表層が侵食・崩壊してできたもので、 ミネラルに富んで、また大変乾燥しています。 南向きの傾斜地に作られたぶどう畑には、 風や雨による土壌の流出を防ぐためRestanqueという この地方独特の石を積み上げた防風壁が作られています。 また、年間降水量は600mm程と少ないのですが、 地中海からの風もあり、夏の乾燥・暑さからぶどうを守ってくれています。 ◆その他特記事項 葡萄の収獲地はAOCバンドールのエリア内ですが 自由な発想でワインを造りたいという思いから バンドールの規定 (ムールヴェードル50%以上、15カ月以上の熟成etc・・・)にはこだわらず ヴァン・ド・ペイとしては味わいがしっかりしたワインが造られております。 ★「贈り物」にピッタリなワインギフト「マイラブ」★ ※画像のボトルは前ヴィンテージの為キャップシール等が異なります Dupere-Barrera ★2011 My Love★

デュペレバレッラ マイラブ 2011 Dupere Barrera My Love HOT,格安 —— 1,600円

プロヴァンス地方

包装紙のし無料箱代 デュペレバレッラ 2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 送料無料,お得

※箱代は別途頂戴いたしますので予めご了承ください。 ギフト2本Aギフト2本Bギフト2本Cギフトグラッパギフト1本Hギフト1本Rギフト1本J ■ピュアな果実味へのこだわりから DRCに認められし生産者“デュペレ・バレッラ” 夫ローラン・バレラ氏は、もと地質エンジニアという経歴の持ち主で 地質に関してのプロフェッショナルです。 そして妻のエマニュエル・デュペレは葡萄栽培・醸造学をプロヴァンスで 更にワインコマースをボルドーにて学んだカナダ人の女性です。 元来ワイン好きのエマニュエルとローランはカナダで出会い そして プロヴァンスで1番美味しい赤ワインを作ろうと決意しました。 その後、ワイン醸造をプロヴァンスで学び、造り手への道へと転換を 図り1997年に『デュペレ・バレッラ』が誕生しました。 若い彼らは開業当初畑を購入できるだけの資金力はなく 選んだのはネゴシアンの道でした。 ワインのリリース当初はゴー・ミョーにて若手でありながら 初登場でいきなり巻頭に写真付きで紹介される という異例の取り上げられ方をされ‘クラスマンガイド2005’の 創刊10周年巻頭特集では他の大物醸造家と肩を並べて取り上げられる などスーパー・ネゴシアンとして南仏を代表する生産者にまで成長しました。 デュペレ・バレッラとしては 初の試み新樽にて熟成を行なった“TLM” 今まで 『ピュアな果実の風味を大切にする』 事を目的に 新樽の使用を控えてデュペレ・バレッラですが 2006ヴィンテージのTLMから新樽を使い始めました。 これまでは頑なに新樽の使用を拒んでいた デュペレ・バレッラですがワイン造りを始めて10年近くが 経ち、時と場合によっては考え方も変りました。 2007年は素晴らしいカベルネが収穫できた為、 カベルネを中心にTLMを造ろうと考えた デュペレ・バレッラ。 そこで考えたのが 『カベルネ・ソーヴィニョンの熟成には新樽が 有効なのではないか?』 という結論でした。 新樽は使ってもデュペレ・バレッラらしさは変りません。 TLMの特長はなんと言ってもその名前とおりの 「Très Long Macération =とても長いマセラシオン」 です。 開放式のタンクで醗酵中に、手でタンク上方に 渦巻きを作り、ピジャージュを行い、その後は足で 圧搾。デュペレ・バレッラの特別なワインにだけ施される 「Nowat製法」 にて醸造が進められます。 他のワインとTLMが違うとこは、更にここから果帽 ごとワインを樽に入れ2ヶ月間、果皮や種から成分を 抽出を行いながら熟成を行ないます。 デュペレ・バレッラではこの期間も「マセラシオン」 と考えており、ワイン名を 「Très Long Macération =とても長いマセラシオン」と呼んでいます。 2ヶ月後に果帽とワインを別け、同じ樽に戻して更に 約16ヶ月の熟成を行い清澄・フィルタリングは 行なわずに瓶詰めが行なわれます。 ◆コート・ド・プロヴァンス トレ・ロン・マセラシオン [2010] COTES DE PROVENCE T.L.M◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:プロヴァンス地方 ◆原産地呼称:A.O.C. COTES DE PROVENCE ◆品種:カベルネ・ソーヴィニョン80%、シラー10%、カリニャン10%  ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:14.0% ◆容量:750ml ◆熟成◆ ラドゥ産バリック(新樽率70%)にて約18ヶ月 残りの30%はテルトル・ロートブッフの使用樽です。 新樽を使い初めてから4ヴィンテージ目となります。 過去3年の経験が活かされ、テクニカルインフォメーション上は 前と同じですが、微妙なトースト具合の変化や 樽と接触させる際の温度の工夫等を施す事で 果実味と樽が見事に拮抗した仕上がりとなっております。 ◆テイスティング◆ 完熟した黒い果実の中にカベルネ由来の 品の良いハーブのニュアンスが感じられます。 口の中では綺麗に熟したタンニンの舌触りが 心地よく優しい果実味が口一杯に広がります。 樽由来の香ばしさも感じられますが果実の風味と 調和が取れており“新樽の強い香り”は強く感じられません。 また2010年にも、ラ・レヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス本誌にて 「ワイン今年の人10部門」のネゴシアン部門の 最高賞を獲得しております! 誌面では 『プロヴァンスで彼らのようにピュアなワインは珍しい』 『南仏嫌いの人にもオススメ』 と大絶賛されています!! ◆コメント◆ 紫がかった濃いガーネット色。 香りは濃縮感を含み、ブラックチェリーや ブラックベリーのコンポート&コンフィ、 すみれの花、甘苦系スパイス、ほのかな灌木や樹脂などの香りが調和。 まろやかで膨らみのある果実味から、広がりは豊かな印象を与え、 タンニンも豊富ながらなめらか。 アフターにもスパイシーなフレイヴァーを長く残す。 Dupere-Barrera Cotes de Provence TML ◆デュペレ・バレッラ ノワット [2010] DUPERE BARERRA NOWAT◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:プロヴァンス地方 ◆原産地呼称:A.O.C. COTES DE PROVENCE ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン30%、シラー10%、 (モール山脈麓のシストの母岩の上に粘土と泥土が重なる土壌) ムールヴェードル30%、カリニャン30% 自社畑プロキュールより収穫(粘土石灰質土壌) ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆熟成:テルトル・ロートブッフおよびロマネ・コンティから仕入れた1~2年樽で18ヶ月熟成 ◆テイスティング◆ デュペレ・バレッラの真骨頂とも言える 『柔らかく、滑らかで、濃さもあり、でも優しい』 独特の質感を存分にお楽しみいただけるノワット♪ 優しい果実味の中には品の良いミネラル感も感じられます。 このワインはプロヴァンスでも高品質な赤ワインが造れる証明であり 何故デュペレ・バレッラが、ロゼのイメージが強いプロヴァンスで 高級な赤ワインを造ろうとしたのかがご理解頂けると思います。 Dupere-Barrera Nowat ギフト対応

包装紙のし無料箱代 デュペレバレッラ 2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 送料無料,お得 —— 8,200円

プロヴァンス地方

包装紙のし無料箱代 デュペレバレッラ TLM 2010 2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 大人気,お買い得

※箱代は別途頂戴いたしますので予めご了承ください。 ギフト2本Aギフト2本Bギフト2本Cギフトグラッパギフト1本Hギフト1本Rギフト1本J ■ピュアな果実味へのこだわりから DRCに認められし生産者“デュペレ・バレッラ” 夫ローラン・バレラ氏は、もと地質エンジニアという経歴の持ち主で 地質に関してのプロフェッショナルです。 そして妻のエマニュエル・デュペレは葡萄栽培・醸造学をプロヴァンスで 更にワインコマースをボルドーにて学んだカナダ人の女性です。 元来ワイン好きのエマニュエルとローランはカナダで出会い そして プロヴァンスで1番美味しい赤ワインを作ろうと決意しました。 その後、ワイン醸造をプロヴァンスで学び、造り手への道へと転換を 図り1997年に『デュペレ・バレッラ』が誕生しました。 若い彼らは開業当初畑を購入できるだけの資金力はなく 選んだのはネゴシアンの道でした。 ワインのリリース当初はゴー・ミョーにて若手でありながら 初登場でいきなり巻頭に写真付きで紹介される という異例の取り上げられ方をされ‘クラスマンガイド2005’の 創刊10周年巻頭特集では他の大物醸造家と肩を並べて取り上げられる などスーパー・ネゴシアンとして南仏を代表する生産者にまで成長しました。 デュペレ・バレッラとしては 初の試み新樽にて熟成を行なった“TLM” 今まで 『ピュアな果実の風味を大切にする』 事を目的に 新樽の使用を控えてデュペレ・バレッラですが 2006ヴィンテージのTLMから新樽を使い始めました。 これまでは頑なに新樽の使用を拒んでいた デュペレ・バレッラですがワイン造りを始めて10年近くが 経ち、時と場合によっては考え方も変りました。 2007年は素晴らしいカベルネが収穫できた為、 カベルネを中心にTLMを造ろうと考えた デュペレ・バレッラ。 そこで考えたのが 『カベルネ・ソーヴィニョンの熟成には新樽が 有効なのではないか?』 という結論でした。 新樽は使ってもデュペレ・バレッラらしさは変りません。 TLMの特長はなんと言ってもその名前とおりの 「Très Long Macération =とても長いマセラシオン」 です。 開放式のタンクで醗酵中に、手でタンク上方に 渦巻きを作り、ピジャージュを行い、その後は足で 圧搾。デュペレ・バレッラの特別なワインにだけ施される 「Nowat製法」 にて醸造が進められます。 他のワインとTLMが違うとこは、更にここから果帽 ごとワインを樽に入れ2ヶ月間、果皮や種から成分を 抽出を行いながら熟成を行ないます。 デュペレ・バレッラではこの期間も「マセラシオン」 と考えており、ワイン名を 「Très Long Macération =とても長いマセラシオン」と呼んでいます。 2ヶ月後に果帽とワインを別け、同じ樽に戻して更に 約16ヶ月の熟成を行い清澄・フィルタリングは 行なわずに瓶詰めが行なわれます。 ◆コート・ド・プロヴァンス トレ・ロン・マセラシオン [2010] COTES DE PROVENCE T.L.M◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:プロヴァンス地方 ◆原産地呼称:A.O.C. COTES DE PROVENCE ◆品種:カベルネ・ソーヴィニョン80%、シラー10%、カリニャン10%  ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:14.0% ◆容量:750ml ◆熟成◆ ラドゥ産バリック(新樽率70%)にて約18ヶ月 残りの30%はテルトル・ロートブッフの使用樽です。 新樽を使い初めてから4ヴィンテージ目となります。 過去3年の経験が活かされ、テクニカルインフォメーション上は 前と同じですが、微妙なトースト具合の変化や 樽と接触させる際の温度の工夫等を施す事で 果実味と樽が見事に拮抗した仕上がりとなっております。 ◆テイスティング◆ 完熟した黒い果実の中にカベルネ由来の 品の良いハーブのニュアンスが感じられます。 口の中では綺麗に熟したタンニンの舌触りが 心地よく優しい果実味が口一杯に広がります。 樽由来の香ばしさも感じられますが果実の風味と 調和が取れており“新樽の強い香り”は強く感じられません。 また2010年にも、ラ・レヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス本誌にて 「ワイン今年の人10部門」のネゴシアン部門の 最高賞を獲得しております! 誌面では 『プロヴァンスで彼らのようにピュアなワインは珍しい』 『南仏嫌いの人にもオススメ』 と大絶賛されています!! ◆コメント◆ 紫がかった濃いガーネット色。 香りは濃縮感を含み、ブラックチェリーや ブラックベリーのコンポート&コンフィ、 すみれの花、甘苦系スパイス、ほのかな灌木や樹脂などの香りが調和。 まろやかで膨らみのある果実味から、広がりは豊かな印象を与え、 タンニンも豊富ながらなめらか。 アフターにもスパイシーなフレイヴァーを長く残す。 Dupere-Barrera Cotes de Provence TLM ギフト対応

包装紙のし無料箱代 デュペレバレッラ TLM 2010 2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 大人気,お買い得 —— 7,400円