ボデガ ヌマンシア テルメス(生産者)

お取り寄せのし包装紙無料箱代 ヌマンシア 2011 豪華2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 新品,お買い得

※箱代は別途頂戴いたしますので予めご了承ください。 ギフト2本Aギフト2本Bギフト2本Cギフトグラッパギフト1本Hギフト1本Rギフト1本J ■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ ALMAVIVA 2011年ヴィンテージ WA 93点獲得!若い 2010年ヴィンテージ WA 92点獲得!若い 2009年ヴィンテージ PP 91点獲得!若い 2008年ヴィンテージ PP 90点獲得!若い 2007年ヴィンテージ WA 93+点獲得!若い 2006年ヴィンテージ WA 92点獲得!VP 89点!飲み頃 2005年ヴィンテージ WA 94点獲得!VP 90点!若い 2004年ヴィンテージ WA 93点獲得!VP 89点!若い 2003年ヴィンテージ WA 95点獲得! 2002年ヴィンテージ WA 93点獲得!早めに 2001年ヴィンテージ WA 92点獲得! 1999年ヴィンテージ WA 90点獲得!早めに 1997年ヴィンテージ WA 91点獲得!落ちている 1996年ヴィンテージ WA 92点獲得!落ちている Opus One 2012年ヴィンテージ PP 96点獲得!若い 2010年ヴィンテージ WA 96点獲得!若い 2007年ヴィンテージ WA 95点獲得!若い 2006年ヴィンテージ WA 93+点獲得!若い 2005年ヴィンテージ PP 95+点獲得!若い 2004年ヴィンテージ WA 96点獲得! 2003年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2002年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2001年ヴィンテージ WA 90点獲得!飲み頃 2000年ヴィンテージ WA 84点獲得! 1999年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている 1998年ヴィンテージ WA 86点獲得!落ちている 1997年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている 1996年ヴィンテージ WA 94点獲得!早めに 1995年ヴィンテージ WA 93点獲得!飲み頃 1994年ヴィンテージ WA 92点獲得!早めに 1993年ヴィンテージ WA 93点獲得!飲み頃 1992年ヴィンテージ WA 92点獲得! 1991年ヴィンテージ WA 92点獲得!落ちている 1990年ヴィンテージ WA 90点獲得!落ちている 1988年ヴィンテージ WA 91点獲得!落ちている 1987年ヴィンテージ WA 93点獲得!落ちている 1986年ヴィンテージ WA 91点獲得! 1985年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている 1984年ヴィンテージ WA 87点獲得! 1982年ヴィンテージ WA 86点獲得! 1981年ヴィンテージ WA 78点獲得! ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ ★甦るスペイン伝説-至高なるトロのテンプラニーリョ★ ◆「ヌマンシア」は古代ローマ人の侵略を受けた時に、 激しく抵抗したことで知られる都市の名前です。 不屈と抵抗の象徴となったヌマンシアは、フィロキセラばかりではなく、 この地方の厳しい気候条件を生き抜いてきたトロの葡萄畑の象徴となりました。 トロのテロワールにおいて接木をしない長寿の葡萄樹から 収穫されるティンタ・デ・トロは、ボデガ・ヌマンシア・テルメスを スペイン・トロ地方でも随一の個性的ワイナリーとして際立たせています。 しっかりした骨格とエレガントさ、そしてテンプラニーリョ種(ティンタ・デ・トロ) に典型的な凝縮した果実味が表現されたパワフルで個性的なワインです。 ワイン・アドヴォケートより スペイン初となる100点満点を獲得した! 5本のうちの1本「テルマンシア」を産み出す ヌマンシア・テルメスより ヌマンシア [2011] 新ヴィンテージです! 国別の検索の画像でスペインをイメージするワインに ヌマンシアが使用される通り、まさにスペインを代表ワインとして 認識されております。 そしてヌマンシアの何よりも優れているところは これだけ知名度のあるプレミアム・スパニッシュでありながら ウニコやピングス、レルミタ、コンタドール等と比べ お値段的にも少し背伸びをすれば届きやすい価格帯だという事です。 どんなに名前が売れていても手を伸ばしづらい価格では 「知識の中だけで終わってしまうワイン」にもなりかねません。 しかし「スペインを代表するプレミアム・ワイン」でありながら 希望小売価格が10,500円ならば極めて現実的な価格ではないでしょうか。 ヌマンシア新ヴィンテージ衝撃の98点!待望の入荷! ヌマンシアとはリオハのシエラ・カンタブリアを始め 日本では 『Wow!絶対ケース買いすべきだ』 でお馴染みの エストラテゴ・レアル を手掛けるエグレン家が ドゥエロ川の西側の産地トロで手掛けるワイナリーです。 接木のされていない樹齢70~120年の 自根葡萄(プレ・フィロキセラ)というユニークなティンタ・デ・トロ (テンプラニーリョ)の個性を強烈に表現したワインを生み出しており ヌマンシアはスペイン国内ワイン専門誌『VINO&GASTRONOMIA』にて スペインの至宝、ウニコより高い評価を獲得した事で一気に注目を集めました。 またトップ・キュヴェ 「テルマンシア」 の2004ヴィンテージが スペイン初となる100点満点を獲得 する等、数々の輝かしい評価を獲得し 今やスペイン・ワインの「顔」ともいえるワイナリーへと急成長しました。 ◆入手困難!プリムールで完売! ヌマンシア・テルメスのワインはボルドーワインで言う ‘プリムール’予約で完売してしまいます。 ◆ヌマンシア誕生秘話◆ エグレン家は『安定した、かつ安価で上質なワインを市場に供給したい。』 という思いからエストラテゴ・レアルのドミニオ・デ・エグレンを 1988年に設立しました。 ドミニオ・デ・エグレンを設立しようと志した時期はスペインの経済成長に 伴うインフレで、リオハワインは毎年のように約3%づつ値上がりを していた時期でもあり、エグレン家が拠点とするリオハではなく 違う地域で畑を探す事となりました。 スペイン中の畑を探しまわる中 出会った地が現在ヌマンシアを産みだすトロ地方でした。 トロのポテンシャルに驚いたマルコス・エグレンは  ドミニオ・デ・エグレンとは別で後の100点ワインを産する “ボデガ・ヌマンシア・テルメス”を興す事となりました。 ◆ヌマンシアの名前の由来~バックラベルより~◆ 2100年前、古代ローマ人は「セルティベリカ戦争」を征する為 に20年もの歴史を要した。 スペインの歴史においてローマ軍に対し抵抗した 英雄ヌマンシアの名前は忘れ難い。 そして現代、私達も一世紀以上もの長い間、ブドウ園への侵略を 企むフィロキセラと戦い続けた。この我々と同じ精神で侵略と戦った 英雄ヌマンシアの名は我々のワインにふさわしい。 ◆ヌマンシア [2011] NUMANTHIA◆ ◆原産国:スペイン ◆生産地:トロ ◆格付け:D.O.トロ ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:ティンタ・デ・トロ100%(樹齢70~100年) ◆アルコール度数:15.0% ◆容量:750ml ◆畑の面積:19.5ha ◆標高:700m ◆土壌:堆積土 ◆仕立:ゴブレ ◆栽培密度:縦横共に樹の間隔は3m ◆収量:20hl/ha ◆生産者:ボデガ・ヌマンシア・テルメス ◆詳細◆ 10日間毎日パンチングダウンを 行いながら26~28℃にて醗酵。 18日間軽いパンチングダウンを行いながら醸しを行う。 バリック(新樽100%)にてマロラクティック醗酵。 4ヶ月毎に澱引きを行いながら フレンチバリック(新樽100%)にて18ヶ月間熟成。 無清澄・無濾過で瓶詰め。 ◆テイスティング◆ シルクのようになめらかで鮮やかな口当たり。 華やかな香りが次々広がります。 たくさんのアロマが重なり合う印象深く複雑なワイン♪ ブラックチェリー、レッドカラントの強烈な香りから、 ホワイトペッパー、カルダモンの香りが続きます。 フィニッシュにはミント、ユーカリ、ドライフラワー、 そしてバラや紅茶、タバコなどの葉の香りと、 ボリューミーでコクがありながらも、 ベルベットのようになめらかな味わい。 エレガントで余韻の長いフィニッシュには、 ダークフルーツからトーストしたような 見事なスパイシーアロマが現れます。 ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出!92点獲得!2011年ヴィンテージ! ギフト対応

お取り寄せのし包装紙無料箱代 ヌマンシア 2011 豪華2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 新品,お買い得 —— 12,000円

ボデガ ヌマンシア テルメス(生産者)

テルマンシア 新作,人気

ロバートパーカー5つ星★★★★★100点満点の生産者! スペインD.O.トロに彗星のごとく現れた2004年のテルマンシアで、 いきなりパーカーポイント100点満点獲得! この2007年でも驚異の97点獲得! ワインスペクテーター誌でも93点獲得!! スペイン ワイン評価誌ペニン誌も大注目! プレ・フィロキセラの樹齢120年以上のスーパーV.V. (なんと19世紀後半に接木なしで植樹された超古木)の ティンタ・デ・トロ(テンプラニーリョ)100%を手摘み100%! フレンチオークの新樽100%を驚異の20ヶ月熟成! トリュフやリコリス、バルサミコやスパイス(黒胡椒やナツメグ、杉)のほとばしるような香りに、 トーストのような香ばしさ!ビロードのようなまろやかさとボリューム感! 完璧なバランス!ココアやトリュフ、ミネラルやトーストが限りなく続く究極フルボディの赤ワイン! ヌマンシアとはリオハのシエラ・カンタブリアを始め、 日本では『Wow!絶対ケース買いすべきだ』で お馴染みのエストラテゴ・レアルを手掛ける エグレン家がドゥエロ川の西側の産地トロで手掛けるワイナリーです。 接木のされていない樹齢70~120年の自根葡萄(プレ・フィロキセラ)という ユニークなティンタ・デ・トロ(テンプラニーリョ)の個性を強烈に表現したワインを 生み出しておりヌマンシアはスペイン国内ワイン専門誌『VINO&GASTRONOMIA』にて スペインの至宝、ウニコより高い評価を獲得した事で一気に注目を集めました。 ◆ヌマンシアの誕生◆ エグレン家は『安定した、かつ安価で上質なワインを市場に供給したい。』 という思いからエストラテゴ・レアルのドミニオ・デ・エグレンを1988年に設立しました。 ドミニオ・デ・エグレンを設立しようと志した時期はスペインの経済成長に伴うインフレで、 リオハワインは毎年のように約3%づつ値上がりをしていた時期でもあり、 エグレン家が拠点とするリオハではなく違う地域で畑を探す事となりました。 スペイン中の畑を探しまわる中出会った地が現在ヌマンシアを産みだすトロ地方でした。 トロのポテンシャルに驚いたマルコス・エグレンはドミニオ・デ・エグレンとは別で 後の100点ワインを産する“ボデガ・ヌマンシア・テルメス”を興す事となりました。 ◆テルマンシア [2009] TERMANTHIA◆ ◆ワイナリー名:ボデガ・ヌマンシア・テルメス ◆品種:ティンタ・デ・トロ100%(樹齢120年以上) ◆畑:アルグジーリョにある“テソ・デ・ロス・カリーレス”の自社畑。 ◆畑面積:4.78ヘクタール(11,04エーカー) ◆平均標高:800m ◆樹齢:19世紀後半に接木なしで植樹され、120年以上。 ◆収穫◆ 全て手作業で収穫した後、ワイナリーで厳しい選果を行い、 完璧に熟成した健全なブドウのみ使用します。 ◆醸造・熟成◆ 手摘みされたブドウは一粒づつ厳しい選果をされます。 5日間、低温で発酵前の醸しを行います。 20ヘクトリットル(528.5ガロン)入りの大樽(フレンチオーク)と 5ヘクトリットル(132.12ガロン)入りのオーク樽にて発酵。 10日間の発酵期間中、1日に2回のピサード (果帽を脚ふみで押し下げる作業)を行います。 合計14日間の醸しを行いました。 マロラティック発酵は2007年11月時点で、 新樽(フレンチオーク、ボルドースタイル)100%を使用。 樽熟成期間は合計20ヶ月。 (2回目のフレンチオーク新樽を使用)4ヶ月毎に澱引きを行います。 ◆テイスティング◆ 濃く深い輝きのある紫色。 活き活きとした色の濃い果物(赤スグリ、ラズベリー、カシス、黒スグリ)と、 繊細なリコリス、トリュフ、アチェト、バルサミコや スパイス(杉、ナツメグ、黒胡椒)の香りがほとばしり、 ほのかなトーストのような香ばしさと完全に融合した、 非常に濃厚で複雑な香り。 深く凝縮したアロマが、グラスの中で空気に触れて花開き、 時間とともに、より力強さと複雑さが増していきます。 このワインの味わいは、真のテロワールが持つ魅力を、 次々と発見する楽しみを与えてくれます。 最初の印象は、ビロードのようにまろやかで美味。 次にたっぷりとしたボリューム感が口の中に広がり、 凝縮して引き締まった、シルクのようなタンニンと、 より完璧にバランスし、重みと充実感が増していきます。 最後に、様々な色の濃い果実、ココア、トリュフ、ミネラルトーストを含む、 驚くほど豊かで複雑な余韻が長く続き、 2009年のテルマンシアが持つ力強さとエレガントさを表現しています。

テルマンシア 新作,人気 —— 17,800円

ボデガ ヌマンシア テルメス(生産者)

ヌマンシア 2007 NUMANTHIA 限定セール,新作登場

◆ヌマンシア [2007] NUMANTHIA          ◆生産地:スペイン・トロ地方 ◆ワイナリー:ヌマンシア・テルメス ◆アルコール度:14.5% ◆容量:750ml ◆格付け:D.O.トロ ※ティンタ・デ・トロ ◆品種:ティンタ・デ・トロ(テンプラニーリョ)100% ★(樹齢70~100年)★ ◆畑の面積:19.5ha ◆標高:平均700m ◆土壌;堆積土 ◆仕立:ゴブレ ◆栽培密度:縦横共に樹の間隔は3m ◆収量:20hl/ha ◆醗酵:10日間毎日パンチングダウンを行いながら26~28℃にて醗酵。 ◆醸し:18日間軽いパンチングダウンを行いながら醸し。 ◆MLF:新バリックにてマロラクティック醗酵。 ◆熟成:4ヶ月毎に澱引きを行いながら新フレンチバリックにて ◆醸造家:マルコス・エグレン [2007ヴィンテージの特長] 冬や春の降雨は畑に良い萌芽、開花や結実をもたらしました。 夏場は乾燥し暑かった分、9月に降った雨は実の成熟を適切に戻しました。 収穫された葡萄は潜在アルコール、酸度、フェノール類の構成等 すべての要素のおいてすばらしい成熟に達しており 衛生状態も大変よく素晴らしい収穫でした。 ◆コメント◆ 樹齢70年以上の樹から収穫。 凝縮したタンニンの引き締まった骨格と、 力強く濃密で、エレガントな長い余韻が特徴的です。 ブラック・ベリー、ラズベリー、シナモンやナツメグのアロマを感じます。 ★甦るスペイン伝説-至高なるトロのテンプラニーリョ★ ◆「ヌマンシア」は古代ローマ人の侵略を受けた時に、 激しく抵抗したことで知られる都市の名前です。 不屈と抵抗の象徴となったヌマンシアは、フィロキセラばかりではなく、 この地方の厳しい気候条件を生き抜いてきたトロの葡萄畑の象徴となりました。 トロのテロワールにおいて接木をしない長寿の葡萄樹から 収穫されるティンタ・デ・トロは、ボデガ・ヌマンシア・テルメスを スペイン・トロ地方でも随一の個性的ワイナリーとして際立たせています。 しっかりした骨格とエレガントさ、そしてテンプラニーリョ種(ティンタ・デ・トロ) に典型的な凝縮した果実味が表現されたパワフルで個性的なワインです。 ワイン・アドヴォケートより スペイン初となる100点満点を獲得した! 5本のうちの1本「テルマンシア」を産み出す ヌマンシア・テルメスより ヌマンシア [2007] 新ヴィンテージです! 国別の検索の画像でスペインをイメージするワインに ヌマンシアが使用される通り、まさにスペインを代表ワインとして 認識されております。 そしてヌマンシアの何よりも優れているところは これだけ知名度のあるプレミアム・スパニッシュでありながら ウニコやピングス、レルミタ、コンタドール等と比べ お値段的にも少し背伸びをすれば届きやすい価格帯だという事です。 どんなに名前が売れていても手を伸ばしづらい価格では 「知識の中だけで終わってしまうワイン」にもなりかねません。 しかし「スペインを代表するプレミアム・ワイン」でありながら 希望小売価格が10,500円ならば極めて現実的な価格ではないでしょうか。 ヌマンシア新ヴィンテージ衝撃の98点!待望の入荷! ヌマンシアとはリオハのシエラ・カンタブリアを始め 日本では 『Wow!絶対ケース買いすべきだ』 でお馴染みの エストラテゴ・レアル を手掛けるエグレン家が ドゥエロ川の西側の産地トロで手掛けるワイナリーです。 接木のされていない樹齢70~120年の 自根葡萄(プレ・フィロキセラ)というユニークなティンタ・デ・トロ (テンプラニーリョ)の個性を強烈に表現したワインを生み出しており ヌマンシアはスペイン国内ワイン専門誌『VINO&GASTRONOMIA』にて スペインの至宝、ウニコより高い評価を獲得した事で一気に注目を集めました。 またトップ・キュヴェ 「テルマンシア」 の2004ヴィンテージが スペイン初となる100点満点を獲得 する等、数々の輝かしい評価を獲得し 今やスペイン・ワインの「顔」ともいえるワイナリーへと急成長しました。 ◆入手困難!プリムールで完売! ヌマンシア・テルメスのワインはボルドーワインで言う ‘プリムール’予約で完売してしまいます。 ◆ヌマンシア誕生秘話◆ エグレン家は『安定した、かつ安価で上質なワインを市場に供給したい。』 という思いからエストラテゴ・レアルのドミニオ・デ・エグレンを 1988年に設立しました。 ドミニオ・デ・エグレンを設立しようと志した時期はスペインの経済成長に 伴うインフレで、リオハワインは毎年のように約3%づつ値上がりを していた時期でもあり、エグレン家が拠点とするリオハではなく 違う地域で畑を探す事となりました。 スペイン中の畑を探しまわる中 出会った地が現在ヌマンシアを産みだすトロ地方でした。 トロのポテンシャルに驚いたマルコス・エグレンは  ドミニオ・デ・エグレンとは別で後の100点ワインを産する “ボデガ・ヌマンシア・テルメス”を興す事となりました。 ◆ヌマンシアの名前の由来~バックラベルより~◆ 2100年前、古代ローマ人は「セルティベリカ戦争」を征する為 に20年もの歴史を要した。 スペインの歴史においてローマ軍に対し抵抗した 英雄ヌマンシアの名前は忘れ難い。 そして現代、私達も一世紀以上もの長い間、ブドウ園への侵略を 企むフィロキセラと戦い続けた。この我々と同じ精神で侵略と戦った 英雄ヌマンシアの名は我々のワインにふさわしい。 BARレモンハートにヌマンシア、エストラテゴ・レアル登場! 20年に渡り毎回、ウイスキー、ブランデー、バーボン、リキュール スピリッツなどの一般的な洋酒を始め、ワイン、ビール、日本酒 焼酎、中国酒など様々なお酒を紹介する人気漫画 『BARレモン・ハート』 にヌマンシアとエストラテゴ・レアルが 掲載されました。 掲載されている内容はスペイン・ワイン好きの知人に飲ませるワイン をマスターに相談したところ、マスターはヌマンシアを奨める為の布石に 先ず、エストラテゴ・レアルを紹介して 『1000円ちょっとでこの味』 『コスト・パフォーマンスも最高のこのワインには ちょっとした秘密があります』 と エストラテゴ・レアルの説明から発展させて 翌日にヌマンシアをサービスするという展開です。 ヌマンシアを飲んだ客の感想は 『凄く濃厚なのになめらかで… こんなテンプラニーリョ初めてよ!』 と感動しております。 フュージョンVインターナショナル・サミット・ガストロノミーでは         …なんとベスト・スペイン・ワイン獲得!! 2007年1月15~18日にマドリッドで開催された フュージョンVインターナショナル・サミット・ガストロノミーでは 予め国際的な審査員によって選ばれた400種類のワインの中から 更なるテイスティングによって選考が行われ ヌマンシア 2004 がベスト・スペイン・ワインに選ばれました。 また当コンクールではヌマンシアだけではなく生産者としても 「スペインの素晴らしい11のワイナリー」が選びだされ その11ワイナリーの中からエグレン・ファミリーが ‘ベスト・ワイナリー’を受賞しました。 ◆ワイナート37号・P132掲載…95点獲得! ワイナート37号 「スペインの接ぎ木なしの古樹のワイン」 のテイスティングにて 掲載ワイン中No.1の95点を獲得しました! 野心的なワインコレクターなら必ずケースでしまっておくべきだ。 Numanthia 2004は1t/エーカーという少ない収量で栽培された 樹齢70~100年のティンタ・デ・トロ より造られている。 マロラクティック醗酵後、新フレンチオークで19ヶ月熟成され 清澄、ろ過はされず瓶詰めがされている。 まるでグラスをコーティングするような紫。 ミネラル、鉛筆の芯、野生のブルーベリーのリキュールの 素晴らしい香りがグラスからうなる様に立ち上る。 コクがありフルボディーで、スパイシーな 黒色系果実の層が非常に複雑な味わい。 巨大なパワーとよく熟したタンニンがよく隠れており 非常にはっきりとした余韻が1分以上にわたり感じられる。 このセンセーショナルな努力によって造られたワインは10年は保管する べきであり、まだこの世が平和であれば25年後に飲んだ方がよいが、 我々年寄りは待てないので今飲んでも楽しめるだろう。 [ワイン・アドヴォケート獲得点数]

ヌマンシア 2007 NUMANTHIA 限定セール,新作登場 —— 7,400円

ボデガ ヌマンシア テルメス(生産者)

ヌマンシア 2011 NUMANTHIA お買い得,人気セール

■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ NUMANTHIA 2011年ヴィンテージ PP 92点獲得!若い 2010年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2009年ヴィンテージ PP 92点獲得!若い 2008年ヴィンテージ WA 93点獲得!若い 2007年ヴィンテージ WA 94+点獲得! 2006年ヴィンテージ WA 94+点獲得!若い 2005年ヴィンテージ WA 92?点獲得! 2004年ヴィンテージ WA 98点獲得!若い 2003年ヴィンテージ WA 96点獲得!早めに 2002年ヴィンテージ PP 92点獲得!落ちている 2001年ヴィンテージ WA 95点獲得!早めに 2000年ヴィンテージ WA 93点獲得!早めに 1999年ヴィンテージ WA 95点獲得! 1998年ヴィンテージ WA 95点獲得!飲み頃 ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ ★甦るスペイン伝説-至高なるトロのテンプラニーリョ★ ◆「ヌマンシア」は古代ローマ人の侵略を受けた時に、 激しく抵抗したことで知られる都市の名前です。 不屈と抵抗の象徴となったヌマンシアは、フィロキセラばかりではなく、 この地方の厳しい気候条件を生き抜いてきたトロの葡萄畑の象徴となりました。 トロのテロワールにおいて接木をしない長寿の葡萄樹から 収穫されるティンタ・デ・トロは、ボデガ・ヌマンシア・テルメスを スペイン・トロ地方でも随一の個性的ワイナリーとして際立たせています。 しっかりした骨格とエレガントさ、そしてテンプラニーリョ種(ティンタ・デ・トロ) に典型的な凝縮した果実味が表現されたパワフルで個性的なワインです。 ワイン・アドヴォケートより スペイン初となる100点満点を獲得した! 5本のうちの1本「テルマンシア」を産み出す ヌマンシア・テルメスより ヌマンシア [2011] 新ヴィンテージです! 国別の検索の画像でスペインをイメージするワインに ヌマンシアが使用される通り、まさにスペインを代表ワインとして 認識されております。 そしてヌマンシアの何よりも優れているところは これだけ知名度のあるプレミアム・スパニッシュでありながら ウニコやピングス、レルミタ、コンタドール等と比べ お値段的にも少し背伸びをすれば届きやすい価格帯だという事です。 どんなに名前が売れていても手を伸ばしづらい価格では 「知識の中だけで終わってしまうワイン」にもなりかねません。 しかし「スペインを代表するプレミアム・ワイン」でありながら 希望小売価格が10,500円ならば極めて現実的な価格ではないでしょうか。 ヌマンシア新ヴィンテージ衝撃の98点!待望の入荷! ヌマンシアとはリオハのシエラ・カンタブリアを始め 日本では 『Wow!絶対ケース買いすべきだ』 でお馴染みの エストラテゴ・レアル を手掛けるエグレン家が ドゥエロ川の西側の産地トロで手掛けるワイナリーです。 接木のされていない樹齢70~120年の 自根葡萄(プレ・フィロキセラ)というユニークなティンタ・デ・トロ (テンプラニーリョ)の個性を強烈に表現したワインを生み出しており ヌマンシアはスペイン国内ワイン専門誌『VINO&GASTRONOMIA』にて スペインの至宝、ウニコより高い評価を獲得した事で一気に注目を集めました。 またトップ・キュヴェ 「テルマンシア」 の2004ヴィンテージが スペイン初となる100点満点を獲得 する等、数々の輝かしい評価を獲得し 今やスペイン・ワインの「顔」ともいえるワイナリーへと急成長しました。 ◆入手困難!プリムールで完売! ヌマンシア・テルメスのワインはボルドーワインで言う ‘プリムール’予約で完売してしまいます。 ◆ヌマンシア誕生秘話◆ エグレン家は『安定した、かつ安価で上質なワインを市場に供給したい。』 という思いからエストラテゴ・レアルのドミニオ・デ・エグレンを 1988年に設立しました。 ドミニオ・デ・エグレンを設立しようと志した時期はスペインの経済成長に 伴うインフレで、リオハワインは毎年のように約3%づつ値上がりを していた時期でもあり、エグレン家が拠点とするリオハではなく 違う地域で畑を探す事となりました。 スペイン中の畑を探しまわる中 出会った地が現在ヌマンシアを産みだすトロ地方でした。 トロのポテンシャルに驚いたマルコス・エグレンは  ドミニオ・デ・エグレンとは別で後の100点ワインを産する “ボデガ・ヌマンシア・テルメス”を興す事となりました。 ◆ヌマンシアの名前の由来~バックラベルより~◆ 2100年前、古代ローマ人は「セルティベリカ戦争」を征する為 に20年もの歴史を要した。 スペインの歴史においてローマ軍に対し抵抗した 英雄ヌマンシアの名前は忘れ難い。 そして現代、私達も一世紀以上もの長い間、ブドウ園への侵略を 企むフィロキセラと戦い続けた。この我々と同じ精神で侵略と戦った 英雄ヌマンシアの名は我々のワインにふさわしい。 BARレモンハートにヌマンシア、エストラテゴ・レアル登場! 20年に渡り毎回、ウイスキー、ブランデー、バーボン、リキュール スピリッツなどの一般的な洋酒を始め、ワイン、ビール、日本酒 焼酎、中国酒など様々なお酒を紹介する人気漫画 『BARレモン・ハート』 にヌマンシアとエストラテゴ・レアルが 掲載されました。 掲載されている内容はスペイン・ワイン好きの知人に飲ませるワイン をマスターに相談したところ、マスターはヌマンシアを奨める為の布石に 先ず、エストラテゴ・レアルを紹介して 『1000円ちょっとでこの味』 『コスト・パフォーマンスも最高のこのワインには ちょっとした秘密があります』 と エストラテゴ・レアルの説明から発展させて 翌日にヌマンシアをサービスするという展開です。 ヌマンシアを飲んだ客の感想は 『凄く濃厚なのになめらかで… こんなテンプラニーリョ初めてよ!』 と感動しております。 フュージョンVインターナショナル・サミット・ガストロノミーでは         …なんとベスト・スペイン・ワイン獲得!! 2007年1月15~18日にマドリッドで開催された フュージョンVインターナショナル・サミット・ガストロノミーでは 予め国際的な審査員によって選ばれた400種類のワインの中から 更なるテイスティングによって選考が行われ ヌマンシア 2004 がベスト・スペイン・ワインに選ばれました。 また当コンクールではヌマンシアだけではなく生産者としても 「スペインの素晴らしい11のワイナリー」が選びだされ その11ワイナリーの中からエグレン・ファミリーが ‘ベスト・ワイナリー’を受賞しました。 ◆ワイナート37号・P132掲載…95点獲得! ワイナート37号 「スペインの接ぎ木なしの古樹のワイン」 のテイスティングにて 掲載ワイン中No.1の95点を獲得しました! 野心的なワインコレクターなら必ずケースでしまっておくべきだ。 Numanthia 2004は1t/エーカーという少ない収量で栽培された 樹齢70~100年のティンタ・デ・トロ より造られている。 マロラクティック醗酵後、新フレンチオークで19ヶ月熟成され 清澄、ろ過はされず瓶詰めがされている。 まるでグラスをコーティングするような紫。 ミネラル、鉛筆の芯、野生のブルーベリーのリキュールの 素晴らしい香りがグラスからうなる様に立ち上る。 コクがありフルボディーで、スパイシーな 黒色系果実の層が非常に複雑な味わい。 巨大なパワーとよく熟したタンニンがよく隠れており 非常にはっきりとした余韻が1分以上にわたり感じられる。 このセンセーショナルな努力によって造られたワインは10年は保管する べきであり、まだこの世が平和であれば25年後に飲んだ方がよいが、 我々年寄りは待てないので今飲んでも楽しめるだろう。 ◆ヌマンシア [2011] NUMANTHIA◆ ◆原産国:スペイン ◆生産地:トロ ◆格付け:D.O.トロ ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:ティンタ・デ・トロ100%(樹齢70~100年) ◆アルコール度数:15.0% ◆容量:750ml ◆畑の面積:19.5ha ◆標高:700m ◆土壌:堆積土 ◆仕立:ゴブレ ◆栽培密度:縦横共に樹の間隔は3m ◆収量:20hl/ha ◆生産者:ボデガ・ヌマンシア・テルメス ◆詳細◆ 10日間毎日パンチングダウンを 行いながら26~28℃にて醗酵。 18日間軽いパンチングダウンを行いながら醸しを行う。 バリック(新樽100%)にてマロラクティック醗酵。 4ヶ月毎に澱引きを行いながら フレンチバリック(新樽100%)にて18ヶ月間熟成。 無清澄・無濾過で瓶詰め。 ◆テイスティング◆ シルクのようになめらかで鮮やかな口当たり。 華やかな香りが次々広がります。 たくさんのアロマが重なり合う印象深く複雑なワイン♪ ブラックチェリー、レッドカラントの強烈な香りから、 ホワイトペッパー、カルダモンの香りが続きます。 フィニッシュにはミント、ユーカリ、ドライフラワー、 そしてバラや紅茶、タバコなどの葉の香りと、 ボリューミーでコクがありながらも、 ベルベットのようになめらかな味わい。 エレガントで余韻の長いフィニッシュには、 ダークフルーツからトーストしたような 見事なスパイシーアロマが現れます。 ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出!92点獲得!2011年ヴィンテージ!

ヌマンシア 2011 NUMANTHIA お買い得,人気セール —— 5,600円

ボデガ ヌマンシア テルメス(生産者)

ヌマンシア テルメス 2011 NUMANTHIA TERMES 新作入荷,送料無料

「安定した上質なワインを安価で市場に提供したい」というシンプルな想いから、 「エストラテゴ レアル」で知られるドミニオ デ エグレンを、エグレン家は1988年に設立しました。 ちょうどこの頃は、スペインの経済成長に伴うインフレで、 リオハワインは毎年のように約3%ずつ値上がりしていた時期でもあります。 エグレン家は、拠点をリオハではなく、別の地域で探すことにしました。 スペイン中を探しまわった結果、行き着いた土地は、現在「ヌマンシア」を 産み出しているスペインのトロ地方です。 トロのポテンシャルに驚いたマルコス・エグレンは、ドミニオ デ エグレンとは別に “ボデガ ヌマンシア テルメス”を設立しました。 ここがのちに、スペインで初めてパーカー100点を獲得することになる 「テルマンシア」を産むことになります。 そのブランド性が認知され、 現在では、クリスチャン ディオールやジバンシー、 モエ エ シャンドンやドン ペリニョンなどを擁する巨大コングロマリット 「モエ ヘネシー ルイ ヴィトン グループ(LVMH)」が経営を手がけていますが、 ワイン造りは変わりなくマルコス・エグレンの指導により行われています。 モンテ トロ(“高い山”の意味)はボテガが位置するベニアルボ村の、 400年以上前からあるぶどう畑の名前です。 古いものでは樹齢100年以上のものもあります。 ◆原産国:スペイン ◆生産地:トロ地方 ◆ブドウ品種:ティンタ デ トロ(テンプラニーリョ) ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:14.5% ◆容量:750ml ◆生産者:ボデガ ヌマンシア テルメス ◆テイスティング◆ 熟成されることによって生まれた、 気品と生気に満ちたラズベリーやスミレの花のアロマ、 果実味溢れる豊かで複雑性のある味わいが、 ほのかな杉やトーストの香りと融合していきます。

ヌマンシア テルメス 2011 NUMANTHIA TERMES 新作入荷,送料無料 —— 2,800円